>

INTRODUCTION

アメリカ人詐欺師コナー・ワッツ(ジョニー)を追っていた香港警察の刑事ベニー・チャン(ジャッキー)。しかし、ロシアで逮捕した直後、二人まとめて様々な組織に追われる羽目になる。ベニーが長年追っている事件解決のカギを握っているのがコナーとわかった瞬間、相性最悪のコンビが誕生、世界中を逃亡しながら巨大な犯罪に挑むこととなる。

ジョニー・ノックスヴィル・ファンビンビンなど豪華共演!

場面写真

ジャッキーとコンビを組むのはアメリカ人俳優ジョニー・ノックスヴィル。『コヨーテ・アグリー』(2000)や『メン・イン・ブラック2』(2002)などの出演歴を誇るジョニーだが、彼を一躍人気者にしたのはスパイク・ジョーンズと組んだMTVの番組「ジャッカス」(2000~2002)。彼が挑戦した命知らずのリアル・スタントは、全米で真似をする視聴者が続出するほどの社会現象を巻き起こした。ジャッキーをして「クリス・タッカーとオーウェン・ウィルソンを足したような男」と言わしめるだけあって、そのとぼけた演技と早口の英語は天下一品だ。『ラッシュアワー』シリーズや『シャンハイ・ヌーン』シリーズ以来の “EAST MEETS WEST”という本作の要素にぴったりのキャストとなった。
ヒロインを務めるのは、『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014)でハリウッド女優の仲間入りを果たしたファン・ビンビン。ジャッキーとは『新宿インシデント』(2009)以来2度目の共演。詐欺師コナーによって窮地に追い込まれ、後見人であるベニーに助けを求める娘サマンサを演じる。

 さらには『福星』シリーズでおなじみのエリック・ツァン、『1911』(2011)のウィンストン・チャオ、『シティーハンター』(1993)、『デッドヒート』(1995)のマイケル・ウォン、『ライジング・ドラゴン』(2012)のジャン・ランシンらジャッキーゆかりのキャストをはじめ、元WWEのディーヴァで総合格闘家でもあるイヴ・トーレス、ファン・ビンビン主演のTVドラマ『武則天 -The Empress-』(2015)に出演している若手女優シー・シー、TVドラマ『悲しき恋歌』(2005)や『エデンの東』(2008~2009)、『済衆院(チェジュンウォン)』(2010)の韓国俳優ヨン・ジョンフンなど、世界中のスターが集結した。

監督は、『ダイ・ハード2』『クリフハンガー』のレニー・ハーリン

場面写真

監督はレニー・ハーリン。これまでジャッキーがハリウッド作品で組んだ監督はほとんどが新人だったのに対し、今回はベテランで過去の実績も高い彼に白羽の矢が立った。何しろ『ダイ・ハード2』(1990)でブルース・ウィリスの人気を不動のものとし、『クリフハンガー』(1993)で『ランボー』シリーズ後のシルヴェスター・スタローンの人気を見事復活させた人物である。そして監督とジャッキーの縁を取り持ったのはまさにその『クリフハンガー』。スタローンがハリウッドのプレミアにジャッキーを招待したのがきっかけだ。ジャッキーは監督をアクション映画のよき理解者として、5歳年下の監督はジャッキーを数十年来のアイドルとして、互いにリスペクトし、映画作りの機会を20年来模索してきた。